企業の社会責任

卵は、向上につながっています – 飢える人たちの食料となり、世界を救えるのです

卵の業界は、世界中の人々が維持可能な質の良い食糧供給を確保できることを重視しています。企業の社会責任について会社がよく話しています。卵業界では、社会責任について話すだけではなく、行動に移しています.
世界中の飢えている人々に、質の良い食料を提供することは、卵の事業にとっての優先事項です。卵を寄付するだけでなく、発展途上国と協力し、地域社会のために維持しうる卵の供給を確保するよう努力しています。

2009年以来に卵の様々な事業が携わってきた地域社会や環境のプロジェクトには、次のようなものが含まれます。

モザンビークとジンバブエで学校を設立. 世界の次のような国で、学校、孤児院や病院に卵を寄付。インド、メキシコ、コロンビア、バルバドス、タイ、イタリア、フィンランド、チェコ共和国.
オランダのロッテルダムに環境にとって素晴らしい建物を建築。この建物は、従業員の車の二酸化炭素放出を中性化しています. ハイチの地震後、ハイチの人々を助けるために300万個を超える卵を寄付.
日本の森林改善プロジェクト. モザンビークで卵生産施設を設立し、この地域における維持可能かつ収益性に優れた食糧供給を提供.
バイオダイナミック生産と有機生産を促進している、ニュージーランドのホークスベイ コミュニティ トラストに資金を提供. 毎年、世界中の慈善団体、飢餓救済プログラム、食料バンクなどに5千万個の卵を寄付.
シエラレオネの子供たちのために、サッカースクールの設立を支援.
世界の限られたリソースで、どのように90億の人々に食料を提供できますか?
今後40年間で、人口がさらに30億人増えると予想されています。現在、食糧不足で栄養不足になっている人がすでに10億人いると推定されています。世界の資源は限られていますが、さらに多くの食料を生産する必要があります。
カーボンの足跡も小さい卵は、社会責任も優れています
卵の生産は、牛肉や豚肉の生産と比べて大幅にカーボンの足跡が低いことが判明しています。卵を産んでいる鶏は、餌の効率に優れていることが主に理由で、温暖化ガスの放出力が低くなっています。卵は、限られた地球の資源を使って、90億人に食料を提供するというジレンマでも、社会的に責任のあるソリューションを提供できるのです.