生命のためのタンパク質

生涯にわたり、栄養価が高く、持続可能で手頃な価格の卵をお楽しみください

「世界卵の日」 (WORLD EGG DAY) 20181012

 

世界中の卵業界では、2018年10月12日金曜日に「世界卵の日」を祝う準備を進めています。本年度は、業界のグローバルキャンペーンでは最高品質のタンパク質源である卵が私たちの生活の中で果たしている重要な役割に焦点を当てます。

 

万能な卵

現在、健康と福利の促進は国際な優先事項となっています。主要国際機関や政府の政策立案者たちは、先進国と発展途上国の両方で、食生活と栄養水準を改善するよう取り組んでいます。卵は、これらの重大な課題を克服するために役立つ、手頃で持続可能なソリューションを提供します。健康問題に注目が集まっている中で、卵業界が、卵が0歳から100歳以上までの各段階で与える多くの利点について情報を提供する絶好の機会となっています。

 

人生全てに有益な卵

Julian Madeley (ジュリアン メイデレイ) CEOは、World Egg Organisation (WEO) によって毎年開催される世界卵の日の本年度のキャンペーンの目的について次のように説明しています。「卵業界に携わる全員が、世界中の人々が生涯のあらゆる段階で貴重なタンパク質源である卵の促進に貢献することができます。世界卵の日には、出生前、幼児期・小児期、成人期、高齢期に至るまで、主要な消費者層に対する特有のメリットを強調したメッセージを出していきたいと考えています。老若にかかわらず、卵は重要なタンパク質源として重要な影響を与えられます。さまざまなコミュニケーション経路、専門イベント、特にソーシャルメディアネットワークを通じて協力して取り組むことにより、今年はさらに多くの人々に関心を持ってもらうことを目指しています。

 

主なライフステージ:

  • 出生前

タンパク質は命の構成要素であり、いつでも卵の力を活用できるのです。必須栄養素をたくさん含んでいる卵は、健康な胎児の発達に寄与します。このことは、胎児が世界中どこにいても、どのような状況で生まれていても、人生のできるだけ良いスタートを切ることができるように、将来の両親に伝える重要なメッセージです。

 

  • 小児期

高品質のタンパク質源は、特に小児期には不可欠です。人体のあらゆる細胞にはタンパク質が含まれ、新しい細胞を作り出すために食生活不可欠です。栄養分を満載している卵は、幼児の脳の健全な発達をサポートし、学習中の集中力を向上させる完璧な食品のソリューションを提供します。

 

  • 仕事を頑張る時期

大人になっても、卵は食生活で重要な位置を占めています。卵はタンパク質源であり、組織の修復に寄与するだけでなく、酵素やホルモンの生成にも不可欠です。卵が豊かに取り入れた食生活では、より長時間にわたり満腹感を保つことができ、効果的な体重管理の重要な味方としても役立ちます。

 

  • より高齢まで健康を維持

骨、筋肉、軟骨、皮膚、血液に必要不可欠な卵のタンパク質は、老化でも体組織の修復に役立ちます。高齢期にも卵は引き続き大きな効果をもたらし、高齢者はもっと卵を食べることにより健康状態を大幅に改善することができます。

 

飢餓ゼロの世界

栄養失調は、10億人もの人々にとっての現実であると推定されています。卵は、高品質のタンパク質源を提供することによって、世界から飢餓を撲滅するために役立つ可能性を秘めています。International Egg Foundation (IEF) は、卵業界の継続的な支援を通じて、世界の最も貧しい地域で人生を変えるプロジェクトを提供しています。IEFによる取り組みは、持続可能な発展と食糧貧困の撲滅に向けた卵業界の取り組みを実証しています。

 

卵業界全体で、団結してメッセージを広めましょう

23年前の創設以来、世界卵の日は国際的な舞台でより良く知られるようになっています。2017年には40カ国以上が卵の宣伝に参加しました。昨年の活動では、世界中で合計2億3,000万人を超える人々と関わりを持つことができました。ソーシャルメディアの台頭により、より多くの消費者と効果的にコミュニケーションがとれるようになり、今年は卵業界のこれまでの成功をより強めていきたいと考えています。

 

卵は、「生命のためのタンパク質」を促進することによって、世界人口の栄養の要求に応えることができます。実に簡単に伝えられるメッセージですが、10月12日金曜日の世界卵の日に、卵業界の全員の皆様からご賛同いただくよう、よろしくお願いいたします。              

 

ソーシャルメディアでは、#WorldEggDayのハッシュタグをお忘れなく。

Comments are closed.

← Back