World Egg Day 2019

各国が「世界卵の日 (World Egg Day)」を祝う中で、栄養の専門家たちが卵の素晴らしい健康上の利点を称賛

2019年10月11日(金)の「世界卵の日」には、各国が元祖スーパーフードの1つである卵の健康上の利点を祝います。

高品質のタンパク質源を提供する卵の栄養価は明らかで、国際卵栄養センター (International Egg Nutrition Centre:IENC) の専門家は、世界卵の日により多くの卵を食べる5つの理由を挙げています。

  1. 卵は地球上で最も栄養価の高い食品で、素晴らしいタンパク質源です。

1個の卵には、ビタミンA、B、D、Eを含む14の必須栄養素が含まれ、カルシウム、セレン、ヨウ素の供給源でもあります。卵は6グラムのタンパク質を含むだけでなく、世界で最も栄養価の高い食品の1つです。

  1. 卵には脳の健康な発達を助けるコリンが含まれています。

この栄養素はあまり知られていませんが、細胞膜の構築に重要な役割を果たし、体内の多くの重要な機能に影響します。卵は、コリンを摂取するための最高の天然源の1つです。脳の健康な発達を助けるだけでなく、肝機能や代謝にも役割を果たし、乳がんのリスクを24%減らすことがわかっています[i]

  1. 卵は心臓病のリスクを削減することができます。

卵を食べると、健康な人の心臓病のリスクを下げるために役立つ可能性があることが研究でわかっています。卵はコレステロールを含みますが、卵には高密度 (HDL) または「善玉」コレステロールが含まれており、研究では、HDLの濃度が高い人は一般に心臓病のリスクが低いことを示しています。

  1. 卵を食べると眼の健康を助けます。

ビタミンA欠乏は、世界中における失明の主な原因の1つです。卵はビタミンAの素晴らしい自然源で、卵黄には、目の健康に影響を与える変性過程に対抗できる強力な抗酸化物質も含まれています。

  1. 卵はどの年齢層にもメリットがあります

卵はどの年齢層にとっても素晴らしい栄養源です。胎児の発達中に基礎的要素を提供することから、一日いつでもエネルギーを維持するために必要なレベルの栄養素を含むことなど、卵はすべての年齢層が楽しめる健康的なタンパク質源です。

2019年の世界卵の日を記念して、世界中でお祝いが行われます。詳細については、www.worldeggday.comをご覧ください。

[i] Xu X等.Choline metabolism and risk of breast cancer in a population-based study. The FASEB Journal、2008年1月29日にオンラインで発表。

ソーシャルメディアでは、#WorldEggDayのハッシュタグをお忘れなく。

生命のためのタンパク質

生涯にわたり、栄養価が高く、持続可能で手頃な価格の卵をお楽しみください

「世界卵の日」 (WORLD EGG DAY) 20181012

 

世界中の卵業界では、2018年10月12日金曜日に「世界卵の日」を祝う準備を進めています。本年度は、業界のグローバルキャンペーンでは最高品質のタンパク質源である卵が私たちの生活の中で果たしている重要な役割に焦点を当てます。

 

万能な卵

現在、健康と福利の促進は国際な優先事項となっています。主要国際機関や政府の政策立案者たちは、先進国と発展途上国の両方で、食生活と栄養水準を改善するよう取り組んでいます。卵は、これらの重大な課題を克服するために役立つ、手頃で持続可能なソリューションを提供します。健康問題に注目が集まっている中で、卵業界が、卵が0歳から100歳以上までの各段階で与える多くの利点について情報を提供する絶好の機会となっています。

 

人生全てに有益な卵

Julian Madeley (ジュリアン メイデレイ) CEOは、World Egg Organisation (WEO) によって毎年開催される世界卵の日の本年度のキャンペーンの目的について次のように説明しています。「卵業界に携わる全員が、世界中の人々が生涯のあらゆる段階で貴重なタンパク質源である卵の促進に貢献することができます。世界卵の日には、出生前、幼児期・小児期、成人期、高齢期に至るまで、主要な消費者層に対する特有のメリットを強調したメッセージを出していきたいと考えています。老若にかかわらず、卵は重要なタンパク質源として重要な影響を与えられます。さまざまなコミュニケーション経路、専門イベント、特にソーシャルメディアネットワークを通じて協力して取り組むことにより、今年はさらに多くの人々に関心を持ってもらうことを目指しています。

 

主なライフステージ:

  • 出生前

タンパク質は命の構成要素であり、いつでも卵の力を活用できるのです。必須栄養素をたくさん含んでいる卵は、健康な胎児の発達に寄与します。このことは、胎児が世界中どこにいても、どのような状況で生まれていても、人生のできるだけ良いスタートを切ることができるように、将来の両親に伝える重要なメッセージです。

 

  • 小児期

高品質のタンパク質源は、特に小児期には不可欠です。人体のあらゆる細胞にはタンパク質が含まれ、新しい細胞を作り出すために食生活不可欠です。栄養分を満載している卵は、幼児の脳の健全な発達をサポートし、学習中の集中力を向上させる完璧な食品のソリューションを提供します。

 

  • 仕事を頑張る時期

大人になっても、卵は食生活で重要な位置を占めています。卵はタンパク質源であり、組織の修復に寄与するだけでなく、酵素やホルモンの生成にも不可欠です。卵が豊かに取り入れた食生活では、より長時間にわたり満腹感を保つことができ、効果的な体重管理の重要な味方としても役立ちます。

 

  • より高齢まで健康を維持

骨、筋肉、軟骨、皮膚、血液に必要不可欠な卵のタンパク質は、老化でも体組織の修復に役立ちます。高齢期にも卵は引き続き大きな効果をもたらし、高齢者はもっと卵を食べることにより健康状態を大幅に改善することができます。

 

飢餓ゼロの世界

栄養失調は、10億人もの人々にとっての現実であると推定されています。卵は、高品質のタンパク質源を提供することによって、世界から飢餓を撲滅するために役立つ可能性を秘めています。International Egg Foundation (IEF) は、卵業界の継続的な支援を通じて、世界の最も貧しい地域で人生を変えるプロジェクトを提供しています。IEFによる取り組みは、持続可能な発展と食糧貧困の撲滅に向けた卵業界の取り組みを実証しています。

 

卵業界全体で、団結してメッセージを広めましょう

23年前の創設以来、世界卵の日は国際的な舞台でより良く知られるようになっています。2017年には40カ国以上が卵の宣伝に参加しました。昨年の活動では、世界中で合計2億3,000万人を超える人々と関わりを持つことができました。ソーシャルメディアの台頭により、より多くの消費者と効果的にコミュニケーションがとれるようになり、今年は卵業界のこれまでの成功をより強めていきたいと考えています。

 

卵は、「生命のためのタンパク質」を促進することによって、世界人口の栄養の要求に応えることができます。実に簡単に伝えられるメッセージですが、10月12日金曜日の世界卵の日に、卵業界の全員の皆様からご賛同いただくよう、よろしくお願いいたします。              

 

ソーシャルメディアでは、#WorldEggDayのハッシュタグをお忘れなく。

卵で人生の良いスタートを切りましょう

2017年10月13日(金) は、「世界卵の日」 (WORLD EGG DAY)  を祝う楽しい一日です。卵は世界中で、私たちが生まれる前から大切な栄養分を与えてくれています。本年度の「世界卵の日」では、様々な国際的行事やキャンペーンを通じて、このような素晴らしい卵の長所についての知識を広めていきます。

 

誰の体にも良い卵

卵は、人体の発育の最早期から貴重な役割を果たし、私たちの人生全体で大きな効果をもたらしてくれます。世界中の人々に栄養分を補給できる、持続可能性も優れた卵は、高品質のタンパク源、不可欠なビタミンや鉱物源でもあり、次のようなことにもとても役立ちます。

  • 胎児の発達
  • 幼児の健康な脳の発達
  • 学校、仕事や遊びでの、集中力の向上

 

特に子供達の健康に卵がもたらす効果は既に実証されていますが、本年度の「世界卵の日」では、このことを祝って知識を広めるための特別な企画の一画として、年齢を問わず、ソーシャルネットワークで卵についての楽しい冗談を共有してください。

 

小さな卵の大きな可能性と、大きな楽しさ

この例年行事は、国際鶏卵機構 (WEO、World Egg Organisation) が開催しています。WEO局長であるJulian Madeleyは、皆さんを笑顔にする今年の活動について次のように述べています。「当機構では、過去22年にわたり私たちの生活に卵が与えてくれる良い効果についてのメッセージを広めてきました。卵は、世界中どこでも私たちの健康に良い効果を与えてくれるだけでなく、世界中どこでも愉快に楽しめるのです!先進国、発展途上国を問わず、高品質のタンパク質源が不可欠であるということは、勿論とても重要なことですが、卵の愉快な側面を子供さんや親御さんにも語っていただき、できる限りたくさんの方々にこの重要性を伝えたいと思っています。 

 

卵の活躍

オーストラリアからジンバブエまで、世界40カ国以上で「世界卵の日」を祝っています。昨年は、国際的な慈善団体からプレミアリーグのサッカークラブまで、多様な組織がこのキャンペーンに参加しました。2017年には、皆で一緒に笑える冗談を楽しんで (Enjoy Glorious Giggles)、より多様な方々にご参加いただけることが期待されています。

 

卵が世界中に良い効果をもたらせることは、国際卵基金 (International Egg Foundation、IEF) によるスワジランドのプロジェクト・カナーン (Project Canaan) 参加でもおわかりいただけます。世界中の卵業界の協力体制による取り組みにより、栄養失調が日常問題となっているこの地域の孤児達や周辺地域社会の子供達に、必要性が切迫している高品質なタンパク質源として卵を提供しています。栄養失調は、10億人もの人々が日常的に直面している問題であると推定されています。

 

大自然が生み出す高品質タンパク質源である卵についての認識を世界に広めましょう

不可欠な栄養分を満載している卵は、食料としての機能性も揃えた完璧とも言える食品です。10月13日金曜日に、素晴らしい卵 (eggs-traordinary) を記念する活動に参加し、卵についてのこの情報をぜひ世界に広めてください。小さい卵で、世界中を笑わせましょう。                                  

 

ソーシャルメディアでは、#WorldEggDayのハッシュタグをお忘れなく。

殻に包まれたタンパク質のパワー

 「世界卵の日」は今年で第21回目を迎えます。2016年10月14日には、お店で買える品物のうち最も高品質なタンパク質源である、驚くべき卵のパワーについての知識を広めるために、世界中でさまざまな行事や活動、慈善イベントや地域キャンペーンなどが開催されます。

卵が主役に

国際鶏卵機構(WEO、World Egg Organisation)が美食家に向けて企画する、年に一度の記念日は、卵に含まれる多くの長所を世界中の人々に伝えるための場として最もふさわしいものとなります。WEO局長であるJulian Madeleyが、今年の目標を説明しています。「卵は個人レベルでは私たちの食生活に不可欠な役割を果たし、また国際社会においてはタンパク質所要量を満たすために役立ちます。先進国と発展途上国の両方において、高品質のタンパク質源は不可欠のものです。この必須栄養素を提供するうえで卵が果たす重要な役割はどんなに強調しても十分ではありません。そのために、今年の記念日にはより多くの人が参加いただけることを望んでいます。」

自然の高品質タンパク質

卵は当たり前の存在と思われがちですが、実は自然界にある究極の高品質タンパク質源と言えます。世界中で推定10億人の人々が栄養不良に苦しんでいますが、卵はこうした世界中の人々を養うだけの力を持っています。高品質のタンパク質源は以下のような点で不可欠なのです:

  • 胎児の発達
  • 健康な脳の発達
  • 集中力の向上
  • 体の免疫システムのサポート
  • 予防接種や抗レトロウイルス薬の有効性の維持に不可欠

先進国において、卵は体重管理にも有効です。生分解性である殻に栄養がたっぷり詰まった卵は、完璧な食品ソリューションとなるのです。

解明された卵の秘密を世界に広めましょう

卵はアミノ酸、カルシウム、ナトリウム、ヨウ素、セレン、コリン、ビタミンA、B、D、Eも豊富です。メッセージは明確です。「卵が答えとなります」。卵は二酸化炭素排出量の低さという長所を持ち、健康で栄養価の高い食事のための、手頃な価格で持続可能な基礎的要素なのです。

 健康面でのメリットに加え、卵は味も素晴らしいのです!最も汎用性と適応性に富んだ食料品棚におくべき必需品の一つです。健康的な食品でこれほどおいしいものはいまだかつてありません。このイベントでぜひ卵への関心を深め、卵が持つ無限の可能性を発見してください。

毎日卵を食べて健康に

世界卵の日は、楽しく親しみやすい方法で卵の真の価値と高品質のタンパク質の大切さについて人々に情報提供する機会です。世界中の国々は、この日に、この小さいながら大変優れた食料源への意識向上に向けた、記念のイベントを開催します。10月14日金曜日には、ぜひeggstraordinaryパーティーにご参加ください。

www.worldeggday.com  / #WorldEggDay

20年目を迎える世界的な祝賀の日

2015年10月9日には、今年で20年目となる世界卵の日を祝う催しが世界各地で予定されています。世界卵の日は、素晴らしい卵を世界に普及させる目的で、1996年に国際鶏卵協議会 (IEC)によって制定されました。毎年10月の第2金曜日として今や国際的に定着したこの日、世界の国々は卵の長所を称え祝います。祭典、慈善行事、街を挙げてのお祝いが、この小さいけれど強力な栄養源を称える日の一環として開催されます。

卵は生命の源であり、豊穣の象徴です。限りある世界の資源、人口増、手頃な食料に対する需要増という問題に直面する社会にあって、卵は非常に重要な食品として世界中で認識されています。

人口が急増している開発途上国では、卵の栄養面のメリットは計り知れません。開発途上国では先進国ほど容易に入手できないものの、それでも卵は良質なたんぱく質、ミネラル、ビタミンの非常に重要で持続可能な供給源です。

現在、世界鶏卵機構の管轄となった世界卵の日は、卵を食べることによる健康上の多くの利点のすべてを再認識する絶好の場を提供してくれます。IECのセサル・デ・アンダ会長は次のように述べています。「卵は世界で最も重要な食料のひとつであり、その重要性を見過ごしてはなりません。良質なたんぱく質の一番重要な摂取源である卵は、持続可能な開発にうってつけです。鶏卵産業は増加する人口を養うことができます。卵は実に素晴らしい食品です」

世界鶏卵機構は卵に関する代表組織で、国際鶏卵協議会 (IEC)、 国際鶏卵基金 (IEF) 、国際鶏卵栄養コンソーシアム (IENC) の力を結集させて、卵の普及を図り、世界中で卵を入手できるようにする取り組みを進めています。

地位に関係なく多くの人々の期待に応え、誰もが誇りに思う自然の恵み、卵。10月9日には、卵のお祝いに参加してください。

卵 – とてもおいしく栄養たっぷり!

今年の世界卵の日に、卵で世界中の飢餓を改善

20141010日は、世界卵の日です。飢え、食料についての不安、栄養失調などの問題の解決に役立っている卵について祝いましょう。最初の数ヶ月間に、International Egg Foundationでは2件のプロジェクトを開始し、既に卵を駆使してアフリカ南部で人々の生活を改善しています。 

International Egg Foundation (国際卵基金、IEF) は、今年初めて世界卵の日を祝っています。IEFは、発展途上国に住んでいる人々が、栄養失調への取り組みの一部として卵を使いやすくして、食糧不足や栄養不良になっている人々に維持可能な食生活をできるよう支援する、グローバルな慈善基金です。 

IEFは、スワジランドの孤児院を支援しているHeart for Africaとの協力により、子供達に必要なタンパク質が豊富な固ゆで卵を配布しています。Project Canaan (プロジェクト・カナーン) と呼ばれるこのプロジェクトでは、孤児院と地域コミュニティに維持可能な食料源を提供するために、卵農場の建設の資金提供および監督も行っています。

また、IEFでは、国連食糧農業機関との協力により、ボツワナ、レソト、マラウィ、モザンビーク、ザンビア、ジンバブエで、これらの諸国の人々に提供できる卵の数を増加させるよう、各国の卵関係組織を支援するために知識や専門技能を共有しています。これらのアフリカ南部諸国では、IEF FAO Egg Capacity Building Seminar (卵生産量増加セミナー) を通じて各国における卵農業を促進し、より多くの卵を人々に提供できるよう取り組んでいます。

International Egg Foundationの専務理事Julian Madeleyは、次のように語っています。「卵は、質の良いタンパク源であり、健康な食生活に不可欠なビタミンやミネラル成分をすべて含んでいるだけでなく、発展途上国で食生活を改善するためにも2つの主な利点があります。これらの利点とは、卵が最も使用しやすい質の良いタンパク源であり、本当に維持可能なオプションでもある、ということです。」

「維持可能性は不可欠です。当基金の目標は、サポートや知識を提供することにより、地域自体での自給を実現することです。小規模な卵生産制度は、食料を提供するだけではなく、発展途上国の人々の経済的独立に役立ち、社会的地位を高め、コミュニティ精神を促進することが実証されています。IEFでは、実地レベルから支援を提供し、維持可能で自給自足が可能な食糧供給を確立するよう取り組んでいます。」

FAOのデータによると、8億7000万人が慢性的に飢えています。1億7100万人もの5歳未満の子供達が慢性的に栄養失調になっていると推定されています。国際的な卵業界では、卵のパワーを駆使して問題の軽減に取り組んでいくよう決意しています。

今年10月10日の世界卵の日には、卵を割って、卵のパワーとその栄養分について祝ってください。

 

 World Egg Day – 真剣に取り組むときが来ました

 

今年1011 (金曜日) World Egg Day (世界卵の日) に、世界中で卵業界を代表する非政府団体International Egg Commission (IEC) では、料理競技会、卵のローリング コンテストなど、色々な用途に使える卵を楽しむ活動だけでなく、世界中での飢餓について深刻に受け止めています。

 

IECでは、国連食糧農業機関 (FAO) との協力により、南アフリカ9ヶ国において、政府と卵生産者達が情報を共有し、卵の栄養価値や卵の生産、疾病管理などについて貴重な具体的なアドバイスやサポートを提供するよう支援しています。今年の世界卵の日には、卵関係の競技会やお祭りを楽しむだけでなく、世界中で栄養失調になっている人々を卵がどのように助けられるかについても、少し考えてみてください。

IECの理事長Julian Madeleyは次のように語っています。「今、世界では10億人もの人々が十分に食料を得ていなく、栄養失調になっていると推定されています。世界人口が今後40年でさらに30億人も増えると予想されているため、この状況がさらに悪化する見込みです。 

誰から見ても、これは許容できる状況ではありません。IECでは、卵業界全体を代表して、飢餓を防止するためにできるだけお手伝いすることを重視しています。卵は、重要な役割を果たすことができます。卵は、健康的な食生活に不可欠なビタミンやミネラルを含む質の高いタンパク質の優れた摂取源であるだけでなく、卵は世界中ほとんどどこでも安価で入手しやすいという利点もあります。私たちは、FAOと協力して飢餓と食糧確保についての保安、そして栄養失調を撲滅するよう努力していきます。」 

世界卵の日に先立つ今年9月には、IECとFAOがザンビアの首都ルサカでセミナーを開催し、アンゴラ、ボツワナ、レソト、マラウィ、モザンビーク、ナミビア、スワジランド、ザンビア、ジンバブエからの政府の代表者、獣医、卵生産者と、オーストラリア、カナダ、南アフリカと米国からのIECメンバーが対話する機会となりました。参加者達は各国が直面する最新の問題について話し合い、卵の生産量を引き上げ、最終的には地域での消費量を増加する方法についての情報や具体的なアドバイスなどを交換しました。

ルサカのセミナーは、IECとFAO共同で行われたこの種の初のイニシアチブでした。たいへん良い評価を受けることができ、両組織では世界の他地域でも同様なセミナー プログラムを開催できるよう、サポートを得ようと努力していきます。

国際卵業界が、世界の人々に食糧を提供することを約束

10月12日金曜日は、World Egg Day (世界卵の日) です。世界中の卵業界は、このイベントを活用して人々の生活を改善しようとしています。International Egg Commission (IEC) と世界中の卵生産協会のサポートを得て、卵業界は食糧不足や栄養不足の人々に食糧を提供することを約束しました。地球の様々な場所で、維持可能で安価な高品質の食糧を提供するよう努力していきます。

支援を必要としている人々に対する世界中の卵業界のコミットメントの一部として、IECは国連食糧農業機関 (FAO) との協力を開始しています。FAOの目標は、世界中の人々が質の良い食糧を入手できるようにすることです。卵は、この目標の達成で重要な役割を果たすことができます。

World Egg Dayは、1996年にIECが設立しました。IEC会長、Joanne Ivyは次のように語っています。「1996年以来、世界中で卵を祝い、世界中での人々の食生活における重要な役割を祝うイベントを開催しています。卵業界全体では、世界中の人々に大きなメリットを提供できる製品を生産できることが光栄であると思っています。そのため、今年のWorld Egg Dayでは、食糧機関や発展途上国と協力して、皆が卵を食べられるようにすることを約束しています。

私たちは当業界の企業責任および社会責任をとても重視しており、国連食糧農業機関との協力により、誰でも質の高い食糧を入手できるようにするという目標をサポートできることをとてもうれしく思っています。

世界中では、10億人もの人々が食糧不足・栄養不足になっていると推定されています。今後40年で、人口がさらに30億人増えると予想されています。

卵は、さらに増大し続ける世界人口に食糧を提供できるパワーを持っています。卵は、健康的な食生活に不可欠なビタミンやミネラルを含む質の高いタンパク質の優れた摂取源であるだけでなく、卵は世界中で安価で入手しやすく、カーボンの足跡も小さいという利点もあります。

今年は、World Egg Dayのイベントがニュージーランドからモンゴル、南アフリカからカナダなどの世界各地で開催され、街角、ショッピングセンター、コミュニティセンターや学校でフェスティバル、コンテスト、栄養についての講演、料理の実演などが行われます。栄養士たちが「ミネラルのカクテル」、「天然のビタミン剤」などと呼んでいるこの素晴らしい食糧を祝うために世界が集結するこの日、10月12日金曜日のWorld Egg Dayの祝いにぜひご参加ください。

www.worldeggday.com

?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????CO2???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????1???2200????????????????????????????????????????????????????????????????

????????IEC?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????IEC?????700?????????????????????2234?????????????????????????????????????????

? ???????????????????????????????????????????????????????????????1???1500????????????????

? ????????????????????????????????????????????????????????

? ??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

? ??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

IEC????????????Joanne Ivy????????????????IEC??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????IEC??????????????????????????????????????48??????108?????????????????????

??????????????????????????????????IEC????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????IEC?????????????????????????????????????11???????????????????

10?14??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????